手妻師 藤山新太郎のブログ

1988 年、1994 年に文化庁芸術祭賞、1998 年に文化庁芸術祭賞大賞を受賞。2010 年には松尾芸能賞 優秀賞を受賞。 江戸時代に花開いた日本伝統奇術「手妻(てづま)」の数少ない継承者 藤山新太郎のブログ。

顔 以前に、マジシャンはほかの社会のトップに比べて、いい顔をした人が少ないと話しました。あまりに漠然としたいい方です。私の言ういい顔とはどんな顔か、もう少し詳しくお話ししましょう。 いい顔とは奇麗な顔を指しているのではありません。一つの仕事…

時雨で玉ひで

時雨で玉ひで 一昨日(17日)は玉ひでの公演でした。このところ人の集まりもよく。この日は満席でした。もっともっとたくさんお客様が集まるなら、一日二回開催にしたいと思います。更にもっと増えたならそれを二日開催にしたいと思います。そんな日が早く来…

ブログは休み

ブログは休み 今日はブログは休みです。

御贔屓様との接し方 3

御贔屓様との接し方 3 今日(17日)は、昼から玉ひででの公演です。実は私が玉ひでさんの舞台で毎月公演するのは、ご贔屓さんとのご縁をつなぐためであり、同時に新しいご贔屓さんを作って行くことが目的なのです。 現在のところ、40人入る客席に、20人を限…

御贔屓様との接し方 2

御贔屓様との接し方 2 昨日(15日)に、長唄の人間国宝、吉住慈恭さんが、熱烈なご贔屓から番町の家屋敷を一軒プレゼントされたと言う話をしました。番町と言うのは今も昔も屋敷街です。四谷の駅からビルの裏道を皇居に向かって歩いてゆくと。閑静で、大きな…

御贔屓(ごひいき)様の接し方 1

御贔屓(ごひいき)様の接し方 私が10代20代の頃は、私の親父が漫談家だったこともあって、よくお笑い芸人や、落語家との付き合いが多く(それは今も続いています)、彼らからとても多くのことを学びました。 お笑い芸人は、今も昔も、売れている人は大きく…

韓国の行く道

韓国の行く道 昨日(13日)は、安田悠二さんの追悼文を書きました。書いてゆくうちに、安田さんは最晩年に、韓国の若い人たちとのつながりが離れて行き、やや孤立してゆく傾向にあったことを私は彼の様子から感じ取って憂慮していました。 東釜山大学マジッ…

マジシャンの想いで

マジシャンの想いで 昨日(4月12日)、マジシャンの安田悠二さんが亡くなりました。半年ほど前から癌で入院しているとは伺っていました。私とは20代の頃からお付き合いで、国内でも海外でも、会うと酒を飲みながら、深夜まで話をした仲間でした。然し、恥ず…

今日はお休み

今日はお休み 昨日書きましたので今日はお休みです。

寒の戻り

寒の戻り 昨日(4月10日)、日中は春の陽気で良い天気でしたが、夕方から急に冷え込み、ジャケット一枚で歩くには少し寒いくらいでした。これを「寒の戻り」と言うのでしょう。朝の陽気を信じて軽装で外出した人には厳しい帰り道になったのではないかと思い…

春はうれしや

春はうれしや 昨日(9日)は女房とシステムキッチンのショウルームに行ってきました。場所は練馬ですので遠くはありませんが、電車で行くのは乗り換えが不便ですので、車で行きました。どうも、最近、自宅で使用している台所も洗面所も風呂場もあちこち故障…

コロナの一人歩き 3

コロナの一人歩き 3 12日から一部の都市で「蔓延防止策」を施行するそうです。 緊急事態宣言を解除して、蔓延防止策を施行するのは一体何の意味があるのでしょう。そもそも緊急事態宣言が解除された今は一体どんな状況なのですか。何でも自由にしていい時期…

コロナの一人歩き 2

コロナの一人歩き 2 昨日は、久々出演の打ち合わせで日本橋に行きました。多くの経営者はコロナの影響で売り上げも厳しくなっています。何とか現状を打開しなければいけないとは誰もが考えています。 それは私も同じで、干天慈雨(かんてんじう)と言う言葉…

コロナの一人歩き

コロナの一人歩き 今、関西地区で新種のコロナが広がり、またまた緊急事態宣言が出るかと言うところに行きそうですが、私がこれまで1年3か月、折に触れて申し上げてきたように、本当にコロナはそこまで危険なのか。あまりに過剰に反応しすぎてはいないか。と…

日本のマジシャンは駄目か 2

日本のマジシャンは駄目か 2 昨日は、60歳を超えたマジシャンが電話で愚痴を言ってくる話をしました。その話を聞きながら、私は日本のマジシャンのことを考えました。同業者はなかなかマジシャンを誉めませんから、彼らからよくしてもらおうとしたり、引っ張…

日本のマジシャンはだめか 1

日本のマジシャンはだめか 1 コマーシャルパンフレット 一昨日(4月3日)あきっとさんから、コマーシャルパンフレットが届きました。自分の演技を一冊の冊子にまとめて、オールカラーで紹介しています。手間と費用を考えるとなかなかの労作です。でも、自分…

今日は休みです

今日は休みです 日曜日はブログはお休み

深井志道軒 2

深井志道軒 2 志道軒と言う人は、40代の半ばで頼りにしていた隆光大僧正が没落し、しかも、自身が妻帯していたことがばれて、寺を追われ、更には、何ら不自由のなかった暮らしから女房に逃げられ、金を持ち逃げされ、乞食にまで身を落としました。 ところが…

深井志道軒 1

深井志道軒 1 昨日は、コロナ禍の中で出演場所がないと嘆いていないで、出る場所がなくても何とか出られるところを探して、生きて行ったらいい。と言う話をしました。然し、冷静に眺めてみて、コロナがある、ないに関係なく、大きな流れでいうなら、この半世…

コロナと共にどう生きる 2

コロナと共にどう生きる 2 具体的に、コロナ禍の中でマジシャンはどう生きていったらいいのか。と尋ねられたら、答えは一つなのです。人前に出てマジックを見せることです。出演できる場所があればラッキーですし、場所がなければ作る努力をすべきです。どん…

コロナと共にどう生きる

コロナと共にどう生きる 結局一年間、コロナに大騒ぎをして、大した解決も見ないまま、振り出しに戻った形になっています。コロナは依然として居座っています。唯一進展したことは、ワクチンが出来たこと。ワクチンのお陰で、みんなの顔つきは多少和らいでき…

独自の世界を作る 6

高円寺の立ち飲み屋さん 話は少し前になりますが、以前立ち食いそば屋さんだった店が大風で倒壊した話を書きました。その後どうなるのだろうと思ってみていると、新しい店が出来ました。立飲みの居酒屋です。何しろ奥行き1mしかない店ですから、できる商売に…

独自の世界を作る 5

独自の世界を作る 5 5、パーソナリティを備えている 結局長く生き残って活動しているマジシャンは、そのパーソナリティ(人格)が認められて、お客様から愛されているから生き残っていると言えます。逆に言えば、マジシャン自身がどんなパーソナリティを備…

今日はお休み

今日はお休み

独自の世界を作る 4

独自の世界を作る 4 3、方向性を見据えている(一昨日からの続き) 自身が何をしたいのかを早くに狙いを定めて、一点を集中して攻めて行くことは自分の世界を作り上げる上で、成功の近道になります。あれもできるこれもできると、ネタ数ばかり増やしてゆくと…

ジャパンカップ2021

ジャパンカップ2021 「独自の世界を作る」は、話半分ですが、今日だけジャパンカップについてお話しします。 3日前の3月23日、夜6時30分から、帝国ホテルの牡丹の間にて第20回、ジャパンカップが開催されました。まず、20回開催されたことが素晴らしいことと…

独自の世界を作る 3

独自の世界を作る 3 3、方向性を見据えている(昨日の続き) 私は20代のころ、マリックさんと接していて、およそ芸能で名前が出ることのない人なのだろう。と思っていたのですが、あれよあれよと言う間に、どんどん世間の話題を集めて知名度を得て。やがて…

独自の世界を作る 2

独自の世界を作る 2 昨日、「独自の世界を作る」ための5つのことをお話ししました。 1、独創性を持つ 2、優れた技術を持っている 3、方向をしっかり見据えている 4、人が見えている 5、パーソナリティを備えている 1、と2、は、この道で生きて行こうとする人…

独自の世界を作る 1

独自の世界を作る 1 このところのブログは、私の日常の些末な話ばかりが続きましたが、皆様には相当に退屈だったろうと思います。幸い体も、頭の中も徐々に回復してきましたので、ここでマジックの話をいたします。 タイトルにある「独自の世界を作る」と言…

昨日退院

昨日退院 皆様にご心配をおかけしましたが、私は昨日退院をしました。5泊6日の入院でした。入院していきなり一切の食事ができません。2日目に、直腸にできたポリープを取りました。直腸とは、大腸から肛門に続く短い通り道です。そこに内視鏡を入れて、直腸…