手妻師 藤山新太郎のブログ

1988 年、1994 年に文化庁芸術祭賞、1998 年に文化庁芸術祭賞大賞を受賞。2010 年には松尾芸能賞 優秀賞を受賞。 江戸時代に花開いた日本伝統奇術「手妻(てづま)」の数少ない継承者 藤山新太郎のブログ。

新総裁誕生

新総裁誕生

 

 自民党の新総裁は岸田文雄さんになりました。第一回目の選挙で、岸田さんが一位、河野さんが二位、高市さんが三位、野田さんが四位でした。ともに過半数が取れませんでしたので、一位と二位が二回目の選挙をして、岸田さんと高市さんが連合を組んだことで岸田さんが当選しました。

 当初マスコミは、一位が河野さんで、岸田さんは二位だと言っていました。然しネットでは河野さんは一位になれないと言っていたのです。結果は、ネットの判断が正しく、一票差ではありましたが、岸田さんが一位になりました。

 そして、選挙前から、岸田さんと高市さんは連合を組んでいましたので、一票差の岸田さんに高市さんが付いて、一位三位連合が過半数に至り、河野さんは敗れました。

 最大派閥である安倍さんの派が、高市さんと岸田さんの支持でバラバラになっている現状は、河野さんにとっては大きなチャンスだったはずです。安倍さんの力が衰えて、派をまとめきれない現状をついて、岸田陣営と高市陣営をもっと内部で争わせて、互いの矛盾を突けば、河野さんにも十分目があったと思いますが、河野さんはあまりに勝ちを焦ったと思います。

 通常の総裁選挙なら、内部の派閥の数合わせで当選できたのですが、今回の総裁選挙は珍しく政策争いになりました。

 景気、外交、コロナ、自衛隊、エネルギー、産業の転換、経済再生、皇室継承の問題、あらゆる点でリーダーがどんな政策を考えているかが問われました。これは日本の将来にとってもとても良い流れになってきたと思います。本来ならこうした話は河野さんが最も得意とするところのはずなのですが、河野さんの回答は肝心なところで歯切れが悪かったのです。

 つまり、総裁になるために、周囲のリーダーの考えを聞き過ぎて、自らの主張を変えてしまったのです。かつての小泉純一郎さんのように、誰が何と言おうと郵政民営化の主張を変えないことで当選した気迫がなかったのです。 

 小泉さんの主張の良しあしは別として、郵政民営化を主張し続けて、大きな旋風を巻き起こして国民からの支持を得て、派閥の理屈をすっ飛ばしたあの爆発力がなかったのです。

 自民党内で、ほとんど支持者のいなかった小泉さんが一か八かの大勝負に出て、国民の支持を得たことは大きな成果だったのです。マスコミに人気のある河野さんなら、小泉さんのような大勝負をして、国民を味方につけて戦いを挑んで来るのではないかと、多くのマスコミや国民は期待をしていたようなのですが、麻生さんとのやり取りが表に見えたあたりから、お行儀のいい三世議員であることが露呈してしまい、結果は派閥に取り込まれてしまいました。

 

 勝った岸田さんは、当然総理大臣になりますが、問題は政策です。一つ一つの政策を聞いていても、河野さんや高市さんと比べて岸田さんはどれも見劣りがします。何をどうしたいのかがはっきりしません。元々調整役のようなことを得意にしていた人ですので、余り強いリーダーシップを期待できない人なのだと思います。そうした点で、菅さんとあまり大きな違いのないタイプの人に見えます。

 高市さんと連合を組んで、この先内閣を作るようになれば、政策面ではかなり高市さんの意見を受け入れることになるでしょう。つまり岸田内閣の看板を出しながらも、かなりの部分で高市さんの政策を認めて行くことになるはずです。

 この後、衆議院選挙があって、岸田さんがうまく乗り切るかどうか、ここで議席数を減らすと、案外岸田内閣は短命に終わる可能性があります。

 麻生さんが河野さんの立候補に難色を示していた話はこのことだったのです。次の総理大臣は、コロナと衆議院選挙があるため、舵取りが難しい。特にコロナはどう動くか予測が付きにくい。仮にコロナがうまく収まっても、この二年間のコロナ騒動のあとなので日本は不景気に見舞われる。その責任で自民党は大きく選挙で議席数を減らす。

 そうなると次の内閣はコロナ災害と衆議院議席数減少の責任を問われて短命に終わる。総理大臣になるならその次がいいと言っていたのです。

 さて、この先、岸田さんが総理大臣になって、河野さんが負けたことは、事によっては河野さんは幸運だったのかも知れません。岸田さんの後に安定した内閣を作れたなら、長期政権も可能でしょう。いやいや、もう河野さんに残されたチャンスはないのかも知れません。

 何にしても、マスコミによって、国民に人気があると思われていた、石破さん、小泉さん、河野さんの三人が組んで選挙に臨んで、こうも国民の支持も議員の支持も得られなかったとするなら、全くマスコミの言うことなど当てにならないと言うことになります。

 高市さんは内閣に入って、しっかり地歩を気付くでしょう。岸田政権はかなり保守的な政権になると思います。この岸田政権に対抗して政権を取るにはよほどしっかりした政権構想を立てなければ総理大臣の当選は難しいでしょう。さて河野さんはどう出るのか。次の総裁選挙が楽しみです。

続く