手妻師 藤山新太郎のブログ

1988 年、1994 年に文化庁芸術祭賞、1998 年に文化庁芸術祭賞大賞を受賞。2010 年には松尾芸能賞 優秀賞を受賞。 江戸時代に花開いた日本伝統奇術「手妻(てづま)」の数少ない継承者 藤山新太郎のブログ。

コンテスト必勝法その3

 必勝法の1,2をお読みになったうえでここをご覧ください。具体的な解説をいたします。

 

手順

 手順と言うのは、ただ自分のできることを順に並べたならそれでいい、と言うものではありません。各パートをいくつかまとめて一つの手順にすると言うのはコーディネートの才能が求められます。特に、手順構成の中で、最も難しいことは、最終にどんな演技をするかと言うことです。演技のフィナーレを飾って華々しく終わりたい、とはだれもが思うことですが、言うは易く行うは難しです。

 優勝できない人の演技を見ると、初めは積極的で、テンポのいい演技をしますが、おしまいに行くほど盛り上らない演技になります。その原因の多くは同じ動作の繰り返しをするからです。更にいけないのは、繰り返し動作を挽回するために、ビッグフィニッシュを持ってくることです。

 単純に言って、ビッグフィニッシュと言うのは最もリスクの大きな演技です。例えば、ビール瓶をたくさん出す演技をして、おしまいに自分で抱えきれないくらいの特大ビール瓶を出す。と言うような演技は根本に無理がかかります。人をびっくりさせるような大きな物を出そうとすると、どうしても隠しておく場所が決まってしまいます。しかもそこから大きなものを持って来ようとすると、かなり無理な動作をします。結果として、大きいものを出した割には不思議でない結末になります。

 プロダクションマジックはそれそのものは面白いのですが、数やサイズにのめりこむことが落とし穴です。結果、より大きなもの、より大量のものを出さなければならないという強迫観念に捕われて行きます。そうなると、自分の持っているマジックの能力を超えてしまい、無理なネタ取りをします。コンテスタントの多くが失敗するのは、ビッグフィニッシュにこだわって、自ら墓穴を掘ってしまうことです。ビッグフィニッシュのビッグとはサイズのビッグではありません。観客が受ける感動の大きさなのです。

 

 私は仕事柄、和妻の演技を注意して見ていますが、多くの和妻マジシャンは、初めのうちは快調にポンポン傘を出しますが、途中まで見ると、もう傘が出ることは珍しいことではなくなってしまい、観客の拍手も同情のようなものに変わり、演者もしどころが無くなってゆきます。他にすることがないから取り合えず傘を出しているような演技になり、しまいには傘の隠し場所も、出し方も観客にばれてしまう。と言う、何とも冴えない演技になってしまいます。

 傘出しの手順を見て、例えば、女性客は、もっと出してほしいと思うでしょうか。いや、むしろ、「あぁ、あんな傘でかっこいい人と一緒に雨の中を歩いてみたい」なんて思っているのかもしれません。そうならそうした女性客の思いをきっちり表現して演技したなら、一本の傘で十分エンディングを表現できるはずです。

 傘の数を半分にして、なぜ傘を出さなければならないのか、傘を出して何を演技するのか、と言うところに重点を置いて工夫すれば、おのずと素晴らしい世界が展開するのに、出すことにばかりこだわった結果、不思議さが消えてしまい、苦肉の策でビッグフィニッシュを持ってきて、無理無理エンディングにしてしまうからうまく行きません。それを和妻とは言いません。和妻とはなぜそうするのかと言うことに理由があるのです。一瞬一瞬の所作を、ふ、と止めて、絵柄を強く印象付け、市井風俗を語るのが和妻です。着物を着て傘、扇子を無意味に出すことが和妻ではないのです。

 

 たくさんのものを出した後にマジシャンがすべきことは、より大きなものを出すことではなく、数とは別の価値観を伝えることです。すなわちプロダクション演技をしていながらも、それを否定することです。ここがうまく伝われば十分観客は感動します。

 チャニングポロックはたくさんの鳩を出しておきながら、その鳩を鳥籠に入れて、すべて消してしまいました。「今までのことは全部夢だよ」と言って無言で去ってゆきます。このダンディズムに多くの観客がしびれたのです。もし、もっと大きな鳥を出そうとしたり、自分が鳩に変装してポーポー言いながら引っ込んで行ったなら、彼の名前は後世にまで残らなかったでしょう。

 

 演技のおしまいに別の価値観を持って来て、自身の心のうちにある本心を伝える。と言うのはかなりの演技力とセンスが必要です。しかしここがうまくできないと優勝は難しいと思います。さんざんものを出しておきながら、さて何かいい結末はないかと考えること自体が既に手遅れなのです。自分で自分を追い込むほど、ものを出しておいて、苦し紛れに大きなものを出すのは愚策です。それはマジックの中でしかマジックを見ていない人の考えなのです。一度止まって、お客様の興味を考えてみることです。きっと全く別の回答が出て来るはずです。

 こってりとしたステーキを食べた後に、もう一枚大きなステーキはいりません。さっぱりとしたシャーベットが欲しいのかもしれません。お客さんの気持ちを先回りして、さっと目先を変えたなら、拍手喝さいになるはずです。それには自分の考えを疑ってみることです。大きなビール瓶を探すよりも前に、本当にお客様はそれを求めているだろうか、と考えることです。

 エンディングに何をするかと言うことは、演者がマジックをどう考えているかと言うことの結論なのです。残念ながら、テクニックはあるのに、エンディングがつまらない人は山ほどいます。うまいのに優勝しないと言う人はみんなエンディングが弱いのです。それほどマジシャンは自分の考えをまとめようとせずに、ただマジックが好きなだけでマジックをしている人が多いのです。

 しかし心配はいりません。アマチュアと言うものはそうした人たちなのです。そうした人たちが、生まれて初めて他人から評価をもらう場所が、コンテストなのです。自分自身がコンテストの存在に気づいて、チャレンジしたと言うことは、自分のマジックを世間に問うてみようと考えた、輝かしき第一歩なのです。

 自分の持っているもので、何が社会に評価されて、何が評価に値しないものなのかを問うてみることです。うまくいっても行かなくても、それは人生にとってとても多くの収穫を手に入れることになるのです。

 

構成 

 演技全体のバランスも極めて重要です。四つ玉やカードばかりで7分8分も演じると言うのは正しくありません。クロースアップでも、カード当てばかり三種類も四種類も並ぶのはだめです。10分の演技中に予言が三つも出て来る手順は救いがありません。同種のマジックは、どうしても同じ動作の繰り返しになります。マジシャン自身は好きでしていることですから、永遠に演じていたいのでしょうが、観客にとっては同じ動作に付き合わされてマジックを見続けることは苦痛になります。冗長で、不思議さも消えてしまいます。お客様はもっといろいろ変化のある手順を見たいのです。

 

 そうは言っても、例えば、マーカテンドーのカード手順などはカードばかりで7分も演じます。それで大きな大会で入賞したのですから十分じゃないか、と考える人もいますが、テンドーの才能には敬意をもって見たとしても、マジックの常識としてはやはりあの手順は間違いです。特に、後半に効果を上げようとしてジャンボカードのマニュピレーションを取り入れていますが、今までしてきたことを大きなカードで再度して見せると言う繰り返し動作をします。しかもカードが大きいが故に種がフラッシュします。結果これがネタバレにつながっています。マジック愛好家は喜びますが、一般客はちらちら見え隠れする種にやがて醒めてしまいます。

 マーカテンドーに関しては別の章で申し上げますが、彼の晩年の不幸と、今日のスライハンドの低迷は、彼の演技に象徴されています。同時のそのことが、マーカテンドーにあこがれ、FISMのコンテストを至上のものと信じ、多くの若いマジシャンを生み出した、韓国のマジック界の限界を意味しています。

 後で述べますが、コンテストは到達点ではありません。自身のマジックを高めるための経過点にすぎません。そこから先に多くの観客にもまれて、観客の求める世界と自分の作り上げたい世界の接点を見出した末に到達点が見えてきます。コンテストでもらう点数は、マジックが好きな人が下した評価にすぎません。それで社会に出て成功する確率はわずかです。まだまだしなければならないことはたくさんあるのです。

 

 四つ玉でもカードでも、リングでも、ゾンビボールでも同じです、5分を超えては変化を出せなくなります。限界が見える前に早くに次の演技に持ってゆかなければ、お客様の興味は離れます。10分のコンテスト手順なら、前半につかみの、テンポのあるものを持ってきて、中盤にスローな演技をやって、後半に見せたいメイン手順を集中させます。メイン手順でもせいぜい4分と言うところでしょう。3つの変化で10分を構成すると言うのがよくあるパターンです。(ABC形式、ABA形式などいろいろあります)フレッドカプスの演技は各パートを二分以内に刈り込んでいます。しかもABC形式で、どんどん別の内容の手順を演じて行きます。今見ても全く無駄のない、申し分のないプロの演技です。

 自身の手順をより良きものにしたいなら、第三者の目を持って徹底的に刈り込まなければいけません。できることなら実力のある人にしっかり見てもらうことです。各センテンスを二秒三秒と刈り込んでもらうことです。多くのコンテスタントの演技は面白いものが多いのですが、各所に、自分の仕勝手(しがって、わがまま)がこびりついているために演技をつまらないものにしている場合が多いのです。

 せっかくのアドバイスを受けるチャンスを得ていながら、人の意見を否定して、全く聞き入れない人がマジックの世界にはたくさんいます。多くの場合それは初めから失敗です。自分を伸ばすためには、アドバイスほど貴重なものはありません。謙虚にアドバイスを受けたなら、あなたの演技は大きく飛躍するはずです。

 

 さてまたも紙面が無くなってきました。この先はまた二、三日後に書きます。乞うご期待。