手妻師 藤山新太郎のブログ

1988 年、1994 年に文化庁芸術祭賞、1998 年に文化庁芸術祭賞大賞を受賞。2010 年には松尾芸能賞 優秀賞を受賞。 江戸時代に花開いた日本伝統奇術「手妻(てづま)」の数少ない継承者 藤山新太郎のブログ。

2021-03-12から1日間の記事一覧

流れをつかむ 6

流れをつかむ 6 「紙卵」がいい手順で仕上がると、卵をはっきり印象付けるような前芸が欲しくなりました。常識的には「袖卵」を演じるべきなのでしょうが、私はこのころ袖卵と言う手妻に疑問を感じていました。 卵が4個5個と出てくる袖卵は、和の型が残って…