手妻師 藤山新太郎のブログ

1988 年、1994 年に文化庁芸術祭賞、1998 年に文化庁芸術祭賞大賞を受賞。2010 年には松尾芸能賞 優秀賞を受賞。 江戸時代に花開いた日本伝統奇術「手妻(てづま)」の数少ない継承者 藤山新太郎のブログ。

2020-05-24から1日間の記事一覧

雨の降る夜も雪の日も

雨の降る夜も雪の日も、通い通いて大磯や、 これは舞踊の「雨の五郎」の冒頭です。江戸時代のスパースター、曽我の五郎が父親の仇を打つべく連日仇の様子を見に行くすがたを踊ります。鎌倉時代、曽我の五郎は兄の十郎とたった二人で、大名、工藤祐経(くどう…